寒くて寒くてつらいこの季節、いつもの化粧水が肌にピリピリと刺激を感じるようになりました。

いつも問題なく使っていた化粧水なのに使い続けるのに少し不安になったので敏感肌用の化粧品を探してみました。

そこで見つけたのが「decencia(ディセンシア)」、なんと!ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドなのです。

ディセンシアからは「つつむ」「アヤナス」「サエル」の3つのメソッドがあります、今回は「サエル」。

セット内容はベーシックケアのローション・クリームにスペシャルケアのエッセンスを加えて3点。

batch_saeru1

水色のボトルが清潔感がありますね。

ホワイトニング エッセンス ローション クリアリスト/満たす

敏感肌であるために紫外線からうけるダメージは普通の人より多いはず、外側から修復するだけじゃなくて土台から立て直すことを目的としているサエル。

スーッと肌に吸い込まれるように馴染みます。

とても気持ちがよくローションが染み込んだすぐ後の肌は透明感を感じることができます、もちろんまだまだ直後だけのことですが。

ホワイトニング エッセンス クリアリスト/育む

batch_saeru3

ローションにほんの少しだけとろみがついたエッセンス、少し医薬品のような香りです。

このエッセンスにはアルブチンという美白成分が入っているので今あるシミにも角質層のメラニンにも届いて肌の美白を保ってくれます。

とろみが少しあるものの使い心地はさらっとしています、肌なじみも柔らかく吸い込まれる感触。

ホワイトニング クリーム クリアリスト

batch_saeru4

クリームが凄い!!すごくみずみずしいテクスチャーで肌につけたときからものすごくモイストに馴染んでいきます。

batch_saeru5

あまったクリームをハンドクリームがわりに手に塗るととても保湿されたことを感じます。

クリームも医薬品の香りがして清潔感を感じます。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは28日間をかけて新しい肌の細胞がうまれ、古い角質が剥がれていくまでのお肌の生まれ変わりの期間。

紫外線や寒い空気という刺激をうけて28日が伸びることがしばしば、ターンオーバーが長くかかるとその分肌にとりこまれたメラニンが定着してしまってシミになるという仕組み。

このターンオーバーにおいて重要な役割を担っているのが「成長ホルモン」。

成長ホルモンは寝ている間に分泌されることがわかっています、これに加えてサエル ホワイトニング クリームにお肌の酸化を防ぐことができる「ムラサキシキブエキス」が配合されているので肌が生まれ変わる夜に美白を効かせる肌づくりに相乗効果がうまれ効果的という仕組み。

お気に入り

今回のお気に入りはクリーム!!とてもみずみずしいテクスチャーで気持ちよくお肌のお手入れができます。

ディセシアを使ってみようと思ったきっかけのピリピリ感もまったくなくて安心してつづけられる感じです。

本当にすごくみずみずしくて、ケアしてしばらくは確実に透明感がアップしています、使い始めてすぐ感じることができるので使い続けたらもっともっと長い時間透明感を維持できそうな気がします。

【美白・くすみ】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ