寒い季節は小じわやくすみが目立ってアンチエイジングや美白ケアに夢中になっていました。

少し暖かくなってきて本来の肌自体をケアしなければ!と思い立ちdecenciaの「つつむ」を使ってみました。

つつむは肌に宿る本来のちからを再生させて、うるおいへ満ちる肌へ導くベーシックスキンケア。

つつむは荒れてしまった角層を水のヴェールでつつむように外部刺激から肌を守ると同時にうるおいをすみずみまで浸透させます。

乱れた角層を整えターンオーバーのサイクルを元に戻すのはヒト型セラミド、しかもナノサイズで細胞のすみずみまで届けてくれます。

セット内容は

  • ジェントル クレンジング 14日分
  • ジェントル ウォッシュ   1個
  • ローションセラムE     14ml
  • フェイスクリーム      10g
  • 1回お試し用パウチ    5種類(各1袋)

batch_tsutsumu1

STEP1.洗う

メークや汚れだけを落としてリセット、次のステップを浸透しやすくするための準備を。

ジェントル クレンジング

batch_tsutsumu2

白色のクリームタイプのクレンジング、肌なじみよいですがかなりのオイリータイプ。

乳化させて洗いながしてもまだべったりとした感触が残ります。メーク落ちはまずまず良好といった感じです。

ジェントル ウォッシュ

batch_tsutsumu3

ネットを使うと細かく軽い泡ができます、肌につけても泡がつぶれることはなく軽い感触で洗うことができました。

洗顔後はつっぱり感など全くなく、すでに化粧水、乳液を塗った肌のような感触。

手を洗ってみると、とてもしっとりとした洗いあがりになるのでわかりやすいです。

洗うだけですでにお肌がしっとりしました!

STEP 2.満たす

batch_tsutsumu4

ローションセラムEは文頭にあるヒト型セラミドが含まれているローションです。

乳白色のトロリとしたテクスチャーですが肌につけた瞬間みずみずしく変化します。

手のひらに置いてしばらくすると流れるくらい柔らかくなるのでお肌にしっかり馴染みます。

ローションを浸透させてしばらくするとお肌の「さらさら感」がとてつもなくUPしています。

どうか一過性でなく続いて欲しいものです・・・

STEP 3.高める

フェイスクリーム

batch_tsutsumu5

クリームはローションと違ってすこししっかりとしたテクスチャー、手に取って顔全体に馴染ませていきます。

少しで顔全体に伸びるほどではないので細かく数カ所にわけて少しずつ塗り拡げるのがいいと思います。

クリームを塗ったあとは少しペタペタする感じが続きます。2,3時間経っても感触はかわらず、という感じです。

「リネンに着いちゃう!!」と思うほどのペタペタ感ではありませんが触れば感じる、という程度で続きます。

次の日

お肌はふっくりしていて心なしかほうれい線もいつもより薄いような気がいたします。

朝に洗顔すると少しまたぬるつきが復活します、一晩たってもお肌への存在をしっかり確認できました。

クリームに含まれているベントナイト、バリア機能と保湿効果を高めることができるそう。

「つつむ」、今回実際に使用してみましたが、お肌への優しさはすごく感じます。

しかし、購入して使い続けたい!と思うような後押しされる何かは感じられませんでした。残念。

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ