小林製薬の商品は、我が家でもいくつか見つけることができます。

例えば、熱さまシート、アイボン、アンメルツ、糸ようじ、消臭元・・・使用してなくても良く耳にする商品ばかりです。

今回試してみるトライアルセットは、小林製薬の手掛ける化粧品「ヒフミド」です。

医薬品を取り扱う会社ならではの、厳しい品質管理を徹底しているようです。今の時代は、原料にもこだわってもらえると私たちも安心して使うことができます。

ヒフミドのスキンケア

敏感肌の人も安心して使える無香料・無着色の低刺激にこだわったスキンケア。

ヒトの肌に存在する保湿成分であるセラミドに着目し、本来の潤いを呼び覚ますことで瑞々しい肌へと導いてくれるスキンケアです。

保湿を謳っている化粧品によく見るコラーゲンやヒアルロン酸に比べ、セラミドは分子量が小さく肌の奥へと浸透すると何かで見たことがあります。

小林製薬では、いくつかあるセラミドの中から、人の肌と同じ構造の「ヒト型セラミド」を採用していますが、より人の肌へと近づけるためにⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型3種類のヒト型セラミドを配合しているそうです。

年齢とともに減ってしまうセラミドを補って、潤った肌を取り戻したいと思います。

ヒフミド トライアルセット内容

batch_hifmid (1)

きれいなデザインの袋にはいっています。おまけについている水玉ポーチはかなり大きめでたくさん物が入りそうです。

ちなみにサイズは23.5×11×15㎝です。

トライアルセットの内容は

batch_hifmid (2)

  • クレンジングミルク 10ml
  • ソープ 16g
  • エッセンスローション(保湿化粧水) 20ml
  • エッセンスクリーム(保湿クリーム) 4g
  • UVプロテクトベース 1ml×5

約1週間分入って980円です。

クレンジングミルク

batch_hifmid (3)

お肌に優しい乳液タイプのクレンジングで、低刺激処方なので乾燥が気になる方や敏感肌の方も安心して使えるのは嬉しいですね。

batch_hifmid (4)

乾いた肌、乾いた手で使用します。

ウォータープルーフマスカラは残念ながら落ちませんでしたが、ファンデーションやチークなどはしっかり落ちています。

しっとりしているからなのか、ぬるま湯だけでは完全には落ちないのか、洗顔を使う前ではすっきりは洗い流せていない感じがします。

ソープ

batch_hifmid (5)batch_hifmid (6)

汚れ、余分な皮脂を洗い流して、肌をリセットしてくれる石鹸とのことです。

batch_hifmid (7)

泡立ちも大変よく、ふわふわした柔らかい泡ができます。肌に触れる感触もとてもやさしいです。

エッセンスローション

batch_hifmid (8)

2014年9月に改良され、リニューアルで新発売となっています。

3種類のヒト型セラミドが配合されていて、肌の隅々まで潤いをしっかり与えてくれる化粧品です。乾燥による小じわを目立たなくする効果もあるようです。

batch_hifmid (9)

とろみのある化粧水です。使用方法をみると、10円玉大の使用量で肌に馴染ませる動作を2回繰り返します。

肌の調子に合わせて、さらに回数を増やしてもいいようです。私は2回でもちもちと吸い付いてくる感触がありました。

エッセンスクリーム

batch_hifmid (10)batch_hifmid (11)

化粧水同様、2014年9月にリニューアルされているようです。

batch_hifmid (12)

パールがかったきらきらしたクリームです。

つけたあとモチモチ肌になりますが、べたつきません。わたしはべたつきが苦手なので、好きな感触のクリームです。

UVプロテクトベース

batch_hifmid (13)

生活紫外線をSPF37、PA+++でしっかりと防ぎ、肌の老化の進行を食い止めてくれます。

さらにヒト型セラミドがここにもはいっているので、日中の乾燥からもしっかり守ってくれます。

化粧下地にも潤い効果があると嬉しいですよね。

batch_hifmid (14)

少しベージュがかった白い色をしています。少し色がついていた方がすっぴんで出かけるときも助かります。

日焼け止めの独特の臭いが苦手なのですが、この化粧下地は紫外線吸収剤、界面活性剤を使用していないので、においも問題ありませんでした。

最後に

届いたお手入れステップでは、化粧水とクリームの間に乳液が挟まれているのですが、今回のトライアルキットには入っていませんでした。

クリームをつけるなら無しでも問題ないということなのでしょうか。次の日の肌も潤っていて、特に乳液の不足は感じませんでしたが。

セラミドは保湿力の面でもかなり注目されているので、使い続ける化粧品のラインの一つの候補になりそうです。

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ