乾燥が気になる時期ですね。我が家には乳児がいるので、室温調節には気を使っています。

寒い日はエアコンをつけて部屋の温度を上げているのですが、どうしても乾燥してしまいます。

乾燥対策として、部屋に洗濯物を干してみたり、こまめに水分補給してみたりしましたが、お肌は相変わらずカサカサです。

同じ部屋にいる子供はプルプルお肌なのに、私だけお肌が荒れているのはどうして!?と思ってしまいます。

そこで今回はオルビスのアクアフォース特別セットを試してみることにしました。

アクアフォースシリーズのHPを見ると、インナードライという言葉が出てきます。聞き慣れない言葉ですが、要はお肌の内側が乾燥していて気づかないうちに乾燥が進行してしまっている、ということです。

その原因として、不規則な生活・ストレス・乾燥があげられます。どれも当てはまってしまったので、私はきっと、インナードライなんだと思います。

そこで、お肌の奥から貯水できるアクアフォースの出番です。

注文段階で、しっとりタイプとさっぱりタイプが選べるので、今回はより乾燥対策として、しっとりタイプを選択してみました。

満足なセット内容

基本セット内容は

  • アクアフォースローション(本品)
  • ミニウォッシュ
  • ミニローション
  • ミニモイスチャー

の4点です。

batch_20141121055228

見ていただいて分かると思いますが、アクアフォースローション(本品)は180mlもあるので本当に大きいです!

朝晩使って3ヶ月分もあるそうです。さすが、本品と書いてあるだけありますね。これだけでもうお得な気がします。

さらに今回は3点も選べるサンプルがついてくるので、チョイスしてみました。

batch_20141121055242

左上→フォンダンリッチファンデーション、左下→リフトブライトエッセンス、右上→クレンジングリキッド、右下→アクアピーリングジェルです。

クレンジングリキッドはチョイスしてないので、プレゼントだと思います。

こちらのクレンジングリキッドもアクアフォースシリーズです!お肌の全てがお手入れできそうな豪華なセットですね!
 

パールのようなミニウォッシュ

ミニウォッシュを早速使用していきます。

batch_20141121055308

手にとってみると、色はパールのようで輝きがあってとても綺麗です。

香りは強くなく、石鹸のいい香り。少し固めのしっかりしている洗顔料です。

手で泡立ててみました。

batch_20141121055321

あの固めの洗顔料から、こんなにたくさんの泡ができます。

洗顔料が固めなお陰か、泡自体もしっかりしていて、キメが細かいです。

洗顔していてもキメの細かい泡でふんわり洗えるので、とても気持ちよかったです。

2つのローション

洗顔後はミニローションを使用します。

batch_20141121055333

香りはなく、水のようなさらっとした化粧水です。オイルカットということもあるのか、すーっと肌にしみていきました。

あまりにも自然に馴染んでいくので、一瞬、水をつけてしまったかと確認したほど(笑)

つけたあともサラサラで、化粧水をつけた感覚はあまりありません。

私はしっとりタイプを頼んだのですが、今まで使ったしっとりタイプの化粧水の中では、かなりさっぱりしていました。

私は、もう少ししっとり感があってもいいかなーと思います。

今回、セットで届いたアクアフォースローション(本品)とミニローションは同じ物だと思います。

説明がどこにも無く、少し不安でしたが、使い心地を比べてみても、パッケージを比べてみても、全く違いが分からなかったです。

なので、ミニローションが気に入った方は、今後3ヶ月使い続けられますね。

最後にミニモイスチャーを使用します。

batch_20141121055344

ジェリーのようなモイスチャーが出てきました!かなりプルプルで期待できそう。香りはありません。

お肌につけてみるとジェリーのようなのに、とてもよく延びて浸透も早いです。

ジェリーがすーっと馴染んでいってくれるので、お肌が瞬時にプルプルです。

つけた直後は、少しベタつきますが10分もすればベタつきがなくなり、プルプルお肌になります。

これは今までにないプルプル具合で、大満足です!

ローションとモイスチャーは詰め替え用が販売されていたり、量の割にはお値段が良心的で、ecoで経済的な商品でした。

特にアクアフォースローションはまだたくさん残っているのでモイスチャーだけ買い足して使い続けるのもいいかなーと思います。

また、モイスチャーのプルプル具合は本当に凄いので是非みなさんも試してみてくださいねー!

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ