以前、女性誌の「酵素」特集で「インナー酵素」についての記事を読んだことがあります。

「インナー酵素というのは、美肌に大事」で、美白とハリに関わるインナー酵素は「水」環境で活性化というような記事でした。

その女性誌の特集では、食べ物から取る外部酵素の紹介と共にインナー酵素の働きを高めるスキンケアとして「オルビス」が紹介されていました。

それ以来、オルビスの「オイルカットスキンケア」は「美肌に効く」と私の頭にインプットされています。

マイベストなスキンケアに出会うため、今回は「オルビス」に着目しました。「インナー酵素」の活性化に期待です!

初回購入者にお得!アクアフォース特別セット

「オルビスのスキンケアを試してみよう!」と、思い立ち一番初めに思ったのは、確かオルビスはいくつかのシリーズがあるということでした。

それまでオルビスの製品は試したことは無かったのですが、オルビスの実店舗は駅ビルなどのショッピングエリアでよく見かけるので中に入ったことはあります。

その際、スキンシリーズごとにミニセットが用意されていたことを見たことがありました。

そこで、オルビスのホームページをチェックすると「スキンケア」のページから「スキンケアミニセット」という文字を見つけましたので、そのページをクリックしてみました。

なんと、5種類のスキンケアミニセットがあるようです!!

その5種類は「アクアフォースミニセット」、「クリアミニセット」、「ホワイトニングミニセット」「エクセレントエンリッチミニセット」、「エクセレント・ホワイトミニセット」です。

一部のセットは在庫限りで販売終了したものもありましたが、基本的にはL(さっぱりタイプ)とM(しっとりタイプ)の2タイプでの構成のようです。

その中で私が気になったのは、オルビス製品を使うのが初めてということもあり「アクアフォースレギュラーライン」と明記されていた「アクアフォース」です。

『20代〜30代に約8割もいた「隠れ乾燥肌」へ』というキャッチコピーから、対象年齢は少し私の年齢では少し若すぎるかな?とは思いましたが、『「貯水力」を育む基本のスキンケア』という言葉に魅かれて説明を読んでみました。

アクアフォースの説明ページには、「まずはチェック!あなたも隠れ乾燥肌?」というチェックシートがありました。

2つ以上思い当たれば、「隠れ乾燥肌」ということのようです。私も早速チェックしてみました。

すると…7項目中5項目にチェックが入りました。

「隠れ乾燥肌」というのは、「肌表面は一見乾燥して見えないのに、肌の内側が水分不足の状態でインナードライ肌とも言われる」とのこと。

「表面だけでなく内側まで、ひたひたにうるおすお手入れが大切です」だそうです!

これは、やはりレギュラーラインである「アクアフォース」で貯水をすることから始めよう!ということでアクアフォースを試してみることに決めました。

さらにホームページをチェックすると、一番初めにみた「アクアフォースミニセット」以外に、「アクアフォース特別セット(選べるサンプル付)」というものを見つけました!!

「アクアフォースミニセット」はミニセット(ウォッシュ、ローション、モイスチャーの)にオリジナルポーチが付いて1,728円(税込)。

対して、アクアフォース特別セットは初回購入の方限定ということで、ミニセットに加えて、通常商品のローション(通常商品180ml)が付いて2,057円(税込)。

ちなみに、アクアフォースローション(180ml)はボトル入りの通常価格で1,615円(税込)、アクアフォーストライアルセット(洗顔、ローション、保湿液の3点を3週間分)は1,296円(税込)です。

オリジナルポーチよりも通常のローションが一本ついてくる方の特別セットの方が断然オトク!!

このセットを早速申込みです。

オルビス人気No.1の実力はいかに!?

オルビスのホームページから申込みをして約3日で届きました。

batch_ORBIS AQUAFORCE_01

写真は,オルビスの「アクアフォース ローション+3週間うるおい体験セット」の届いた箱を開けた状態です。

箱を開けた時の正直な感想は「簡素だな」でした。

同梱されていた小冊子「ORBIS 初めてBOOK オルビスのホントがわかる?」を読むと、オルビスは地球環境への配慮し包装や外箱を極力省いた簡易包装に取り組んでいるとのことです。

フィルム袋に入っただけのシンプルな包装は、「あんぱんの袋」からインスピレーションを受けたもの、だそうです。納得です。

ちなみに外箱も包装もシンプルではありましたが、外箱を開けた時の「ムーミン」がとても可愛かったです。

batch_ORBIS AQUAFORCE_02

ちなみに、今回の特別セットですが、サンプルも付いてきました。

batch_ORBIS AQUAFORCE_03

写真のサンプル3種はトライアルセット購入時に10種類の商品(スキンケア系、メイク系などのオルビス製品)から3点のサンプルを選んだものです。

注意する点としては、申込時に画面に「サンプルのお申し込み」という箇所で、サンプル3つ分を自分で「買い物かごに入れる」ボタンで個数を選択しないと、トライアルセットしか届かないことです。(申込みページにも注意書きがあります)

そして、なんといっても目玉のローション。

batch_ORBIS AQUAFORCE_04

左はミニセットのローション、右は通常のローション(180ml)です。このサイズ感、お得すぎます。

そして、今回のトライアルのミニセットです。左からウォッシュ、ローション、モイスチューの3点です。

batch_ORBIS AQUAFORCE_05

オルビスのトライアルセットは、申込み時にタイプを選べました。私はMタイプ(しっとりタイプ/普通肌〜乾燥肌)を選びました。

ちなみにもう一つのタイプはL タイプ(さっぱりタイプ/脂性肌〜普通肌)です。

オルビスのアクアフォースで私の隠れ乾燥肌はどうなるのか?

早速スキンケア開始です。

ステップ1:アクアフォース マイルドウォッシュ【洗顔料】 (1cmくらい)

batch_ORBIS AQUAFORCE_06

まずは、洗顔です。

ちなみに、アクアフォースのお手入れはA4サイズの白い紙に書かれています。この用紙は風邪薬に入っている折りたたまれた説明書のようでした。

さすが、地球にやさしいオルビスです。説明書きもシンプルです。

ウォッシュを手のひらに1cmほど取ります。1cmは少ないように思ったのですが、泡立ててみると十分な量であることが分かりました。

batch_ORBIS AQUAFORCE_07

1cmでこんなに泡立ちます!

不安定になりがちな肌を保護しながら、汚れや古い角質を取り除き、みずみずしい素肌にするという説明どおり、やさしい泡立ちながら洗いあがりはスッキリつるつる(つっぱる感じではありません)です。

説明を読むと肌を優しく洗うアミノ酸系洗浄成分も配合されているようです。

ステップ2:アクアフォース ローション【化粧水】 (手の場合はティースプーン半分)

batch_ORBIS AQUAFORCE_08

洗顔の後は、ローションでお手入れです。

ローションはコットンか手のひらに適量(手の場合、ティースプーン半分程度)との説明が書いてあります。

正直、ティースプーンという説明にしっくりこないのですが、スキンケアのお手入れガイドに時々「ティースプーン」というのを時々見かけるのでスキンケアでは当たり前の表現なのでしょうか???

初めは手のひらでお手入れをしました。見た目は透明感がありただの水のようなのですが、肌に乗せると軽いトロミで、スッと肌に浸透していきます。

今回の特別セットは通常のローションが1本別についていたので、途中からコットンにたっぷりつけて贅沢に肌に浸しました。

普段は手のひらでのお手入れが好きなのですが、このアクアフォースのローションについてはコットンを使うお手入れもよいと思いました。

コットンを使う場合には惜しみなく浸すのがポイントだと思いました!

ステップ3:アクアフォース モイスチャー【保湿液】 (適量)

batch_ORBIS AQUAFORCE_09

アクアフォースのスキンケア最後のお手入れは、モイスチャーです。

モイスチャーの説明は「乳液」ではなく「保湿液」と書いてあるように、触った感じは軽いタッチのゲルのような感じです。

ゲルタイプのオールインワンタイプのスキンケア製品を使ったことがありますが、オールインワンタイプのゲルほど、ぽってりした感触はありません。

モイスチャーの説明は「手のひらに適量(ポンプ1〜2プッシュ程度)」と書いてあるのですが、ミニセットはポンプではないので、正直ポンプ1〜2プッシュというのがわかりませんでした。

そのため、まずボトルを1回押しして出る量で肌に乗せてためしたところ、私の肌ではボトルを2回強押すくらいで十分でした。

軽いタッチのゲルのような液体にも関わらず、肌に乗せる時にはじわっと肌の上に広がるような感覚が心地よかったです。

イメージとしては透明なバリアを広げるような感じでした。

アクアフォースで「うるおい体感」をしてみた結果は?

オルビスのアクアフォースは説明書きに「オイルカット アクアフォース シリーズ」と書かれています。

「肌のことを考えて、カットできるものはできるだけ省きました」という説明のとおり、「無油分」「無香料・無着色」「界面活性剤不使用(界面活性剤は洗浄と水と油をなじませる乳化という2つの目的があるそうですが、アクアフォースはオイルカットなので界面活性剤は不要とのこと)」と色々なものが使用されていません。

肌に優しく(スキンケア成分)、地球にやさしく(包装・外装など)と、オルビスの方向性とアクアフォースのボトルのイメージ(エメラルドグリーン)も合っていて個人的に気に入りました。

また、匂いが強いものが苦手な私には「無香料」のスキンケア製品という点も良かったです。

今回オルビスを選んだ理由の「インナー酵素」については、同梱されていたミニ本に説明がありました。

インナー酵素は体内にある酵素で、美肌作りや肌のなめらかさ、透明感を感じるのもインナー酵素のおかげだそうです。

また、肌を守るバリア機能もあるそうです。つまり、インナー酵素が活性していなければ、肌が不健康になるということ。

インナー酵素は「水のみ」の環境の方が「水とオイル」の環境よりも活性化するという研究結果からオルビスは「オイルカット」のスキンケア製品を追求しています。

「オイルカット」ということで、ローションは見た目が水のようですし、モイスチャーも軽いタッチのゲルのような感じでしたので、使い初めは保湿力が足りているのかな?と心配でした。

その心配が無くなったのは、使い始めてから1週間ほどたった頃の寝起きの肌に気付いてからでした。

秋や冬の時期には寝起きの肌の奥の方から乾燥感を感じることがあったのですが、それをあまり感じなくなっていました。

オルビスのアクアフォースの使い心地は、ローションはスッと肌に入りモイスチャーは薄くバリアのような膜で覆うという感じだけだったので、この変化には本当に感動しました。

使い心地は軽いのに、時間がたってからのしっとり感の継続が本当にいいので、夏はさっぱりタイプで様子を見るのもいいかもしれないと思うほど、このアクアフォースのしっとりタイプは今の季節にちょうど良かったです。

まずはオルビスのアクアフォースで、貯水力を育て脱「隠れ乾燥肌」が出来たら、他のシリーズも試してみるのもいいかもしれないと思います。

うるおいを閉じ込めて「貯水」できる肌。水を引き寄せて守る「うるおいの膜」。この二つがそろって初めて美肌になる。

水が基本の「アクアフォース」。
20代〜30代の設定ですが、30代半ばの私にも肌の基本を取り戻すスタートにとてもピッタリなスキンケアシリーズだと思いました。

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ