10代から20代の頃、若さにでーんとあぐらをかいてお肌のお手入れを怠ったために、30代の今とにかく年中お肌の乾燥に悩まされています。

特に目の周りは乾燥が進むとかゆみを伴い、ひどい時は目頭から切れることも。

おまけに寝不足やストレスでターンオーバーがうまくいかなくなると、くすみが酷くほうれい線は深くなるのでそろそろ本腰入れてエイジングケアかな…と思っていた矢先のDとの出会いでした。

エイジングケアの初めに最適

高価格のイメージだったポーラの製品ですが、比較的安価なお手頃価格のDのラインはポーラ初心者でもチャレンジしやすいのが良いです。

独身時代と違い好き勝手に欲しいものを変える訳ではないので、コスパ重視!な所も好感が持てます。

保湿成分「ゴールデンニーム」の木の葉から抽出したエキスをメイン成分として、Dブランドに配合。

ゴールデンニームというのはインドで古くから用いられてきたハーブなのですが、ハーブ特有のクセのある香りではなく柑橘系に近い爽やかな香りです。

化粧水をなじませるのではなく、肌が化粧水を吸い込む

我が家にはまだ幼い子供が二人いるので生活の中心は子供達です。スキンケアにゆっくり時間をかけて…なんてまだまだずっと先のお話。

入浴と同時に洗顔をして、ひとたびお風呂から出れば子供たちのお世話で寝るまではノンストップ!タイミングを逃してしまうと入浴後数時間たってからようやくスキンケア…なんてこともあるのです。

よって化粧水はなんといっても浸透力が命!!

batch_D_2batch_D_3

ローション・薬用ローションいずれもややとろみのあるテクスチャーで、浸透には少し時間がかかりそうだな…と心配でしたが、少しずつのばしていき優しくパッティングとハンドプレスを繰り返していくうちに、突然「すっ」となじんで消えてしまう瞬間がありました。

私は乾燥が酷いので、使用量の目安である100円玉の大きさの量だけでは足りず、同じ量を5回ほど繰り返してようやくお肌がしっとりしました。

不思議なのはパッティングとハンドプレスを繰り返すほどに、浸透力が良くなっていくこと。

ぐんぐんしみこむので次第に面白くなってきて、ある時テレビを見ながら30分も化粧水をつけていたことがありました。

べたつかないのがママたちに嬉しい

batch_D_4

乳液やミルクの仕上がりがベタベタすると、子供が近づいてきたときに手や口に入らないかとても気になります。

ベタベタするのは嫌だけどしっかり潤っていてほしい…Dのミルクは驚くほど仕上がりがサラサラで、ベタつきや乗ってる感が一切ありません。

マヨネーズ状のやわらかなテクスチャーで、使用量目安の大き目パール一粒分ですと絶対に足りないと思い、少し大目を手に取り、優しくなじませていくとあっという間になくなりました。

クレンジングで保湿ができる?!

batch_D_5

オイルクレンジングは肌に負担がかかるのが嫌でずっと敬遠していましたが、洗い上がりが程よくしっとりしていて効果はまずまずといったところです。

それにしてもうっとりするのは香り。爽やかでとても癒される香りです。

クレンジングの時間がこんなにもリラックスできるなんて、とても不思議な感覚です。

驚きのねばねば体験

batch_D_6

一番楽しみにしていたのは、このねばねば石けん。

いつも時間が無くてサッサッサーと済ませていた洗顔も今日ばかりは出来るだけ時間をかけて泡立てます。

ものすごい濃密できめ細かな泡がみるみるうちに大きくなってきて、もっちもちでねっとりする感触が何とも気持ち良い〜〜。

このねばねばの洗浄成分が隅々まで行き渡り、古い角質や毛穴の奥の汚れを取るそうですが…洗い上がりはつるつるのまさしくたまご肌!赤ちゃんみたいな触り心地でずっと触っていたいくらいです。

爽やかな香りに包まれてスキンケアの時間が義務ではなく、楽しみになりました。

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ