私の最終的な目的はすっぴん美人になることなんですが、皆さんは何かそういう目標はありますでしょうか。

私は肌が弱いので、そもそもお肌が強くなってくれればこんなに悩まずに済むのでは?と思う日々です。

そんな時広告で読んだのが、この「ライスフォース」のライースリペアでした。

ライースリペアは「あなたの肌に本来備わっている力を呼び覚ます効果」があるとの事でしたので、根本的にお肌トラブルを改善してくれるのかな?と単純な私は思い、試してみることに致しました。

何事も挑戦 ♪

1_商品写真

キット内容

  • ライースリペアローション 1本
  • ライースリペアエッセンス 1本
  • ライースリペアクリーム 1個

化粧水、美容液、クリームの3つでした。
シンプルに基礎を見直してくれることを期待して使っていきます!

STEP 1 化粧水 ライースリペアローション

まずつけてみて驚いたのは、香りがお米!
正確に言うと、ほのかに香る香ばしい香りでした。
なんだか安心してしまい、ある意味リラックス作用があるかもしれませんね。笑

色はクリアで、若干とろみのあるテクスチャーでしたので、馴染みやすく、刺激は一切ありませんでした。

塗ってみて何より嬉しかったのは、今まで試してきた物の中で一番お肌をもっちりとさせてくれました!!

肌に手が吸い付くような、、というか実際吸い付いてきて、このモチモチ感が触ってるだけで感動、、。

手引きにも、「肌が手に吸い付き、しっとりやわらかくなったら浸透したしるし」と、ありましたのでとても納得でした。

このように、◯◯の状態になるまで塗る、という風に書いてあると、どこまでいけばいいのかわかりやすいので、不安も無く効果もはっきりと分かって嬉しいですね。

触った感じからも、保湿してくれている印象は勿論ありますが、使っていくとキメを整えてくれている印象が強くなっていきました。

赤ちゃんのお肌に戻して行ってくれている感じで、元々ファンデーションが嫌いな私にはとても嬉しく、自身が持てる肌になれる化粧水でした!

STEP 2 美容液 ライースリペアエッセンス

こちらもお米の香りです。

化粧水よりもしっとりととろみのあるテクスチャーで、保湿してくれそうな私好みの感じで期待大。

満遍なくお顔とこちらは首筋にも馴染ませてみると、化粧水の保湿度合いをあげてくれてる印象を受けました。
もしかして、先ほど化粧水で感じていたキメを整えていく印象は美容液の効果なのでしょうか。

目元、口元、ほうれい線、首すじなど年齢のサインが気になるところはさらに重ね付けをすると良いそうなので、アンチエイジングの効果もありそう~♪

2_美容液顔に塗る

この2つで乳液はいらないぐらいの保湿効果でした。

でもアンチエイジングとはどこにもうたってない、と思いよくよく見ていると、こちらのライスパワーエキス、「水分保持機能の集中ケア」を行うことで、肌の内側から弾むようなハリと弾力を引っ張り出し、若々しい肌を育ててくれるとのことでした。

老けないように塗るというよりも、塗って肌を整えることで、若さを育てるという発想がとても面白く素敵ですね!

だからキメの整えを化粧水にも美容液にも感じるのだと納得。

しかし、乳液ってないと絶対保湿が不安な私からすると、この保湿力は驚きでした!

STEP 3 ライースリペアクリーム

最後にクリームを塗っていきます。
手に取った感じは、美容液よりもしっかりとしたテクスチャー。

3_クリーム使用写真

しかし、手の温度で柔らかくなり、肌馴染みも良く広がりやすいので少量で効果がありました!

クリームにありがちな塗った後のベタつきはあまりなく、気にならない程度でした。
それでも保湿はしっかりとしてくれているので、もちもちのお肌にしてくれます!

さすがはお米パワー。

こちらが化粧水と美容液の効果に持続性を持たすための乳液のような役割を果たしてくれているので、ばっちり保湿が出来るようです。

4_クリーム顔に塗る

これがあると、その場は変わりませんが1日の持ちが違いました。
エアコンの乾燥からも守ってくれるので、仕事でも化粧直しもいらず、かさつきもないのでとてもストレスフリーに仕事が出来ました!

総評

すべすべともちもちの両方をゲット出来ちゃうこちらのキットは、個人的にはとても良かったです。

乾燥肌の方も、オイリー肌の方も、お肌を整えてくれる作用が非常によく感じられたので、不安定な時期のお肌にはぴったりかと思います。

何かに効くというよりも、全体的に整えるという感じなので、何が悪いのか正直わからない!って方にもオススメですし、これがあるだけで安心出来るので、何かに特化している訳ではないのですが、原点を見直してくれるキットでした。

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ