乾燥肌、敏感肌、アンチエイジング、と肌に効果のある化粧品をいろいろ試しはじめると、どんどん探究心が湧いてきます。

今回は「オゾン化粧品」に興味を持ちました。

オゾン化粧品「ヴァージンメディカル」の公式サイトを初めて見つけた時は、「オゾンってオゾン層のオゾン!?」と思いました。

オゾン層のイメージしかないので、オゾンが化粧品の成分として含まれていることがなかなか想像できなかったのですが、公式サイトにあった「オゾン未体験のあなたも“キレイ”を試してみませんか?」という文言に魅かれました。

公式サイトの説明によると、オゾンには6つの効果が期待できるようです。

6つの効果とは「ハリ・ツヤ」「うるおい」「肌の引き締め」「乾燥」「肌荒れ予防」「柔らか肌」で、オゾン化粧品はほぼすべての肌の悩みをトータルケアしてくれるようです。

「オゾン未体験」の人向けにトライアルセット(送料込で1,800円)があったので早速購入しました。

科学の授業を思い出す?「オゾン」化粧品のお試しセットの中身

トライアルセットは公式サイトからの申し込み後、約4日で到着しました。

batch_Virgin-Medical_01

ヴァージンメディカルの基本スキンケア商品5点はチャック付の透明なファイルに入っていました。

透明ファイルには使用期限が明記されたシールが貼られており、公式サイトに書かれていた「防腐剤を極力使用せずに製造している」ことがここに現れていました。

また、同封の「お使い頂く前に、是非ご一読下さい」と書かれたパンフレットの初めには、「オゾンって何?」というコーナーでオゾンについて説明がされています。

化学式での表記の説明やオゾン層が誕生し、地球を紫外線から守り、人類が誕生した。オゾン層は人類にとって大切な存在であることなどに触れ「オゾン」が大切な存在であることが触れられています。

植物性のグリセリンという成分にオゾンを溶解することに成功してできたのがヴァージンメディカルのスキンケア。

オゾン化粧品はオゾン研究開発30年、真の素肌美を追求した結果生まれたようです。

どんな化粧品なのか使用する前から壮大な世界観にワクワクしました。

ステップ1:保湿石けん (付属の泡立ネットを使う)

トライアルセットでまず使用するのは保湿石けんです。

batch_Virgin-Medical_02

「オゾンが必要なうるおいを守り、皮脂と汚れを落とす力に優れた石けん」とのことで、成分には「オゾン化グリセリン」が含まれています!

石けんにもオゾンの力です!!

batch_Virgin-Medical_03

「摩擦を減らすために濃密な泡立ちにこだわり」と説明があるように、付属の泡立てネットで少し泡立てるだけでモコモコの濃密な泡がすぐにできがありました。

しかも、この石けんは顔以外にも全身にも使用可能です。

夜の洗顔の際には入浴の際に使用して顔と全身に使用しましたが、濃密な泡で肌の汚れを落としてくれる感覚を実感できました。

特に顔については手のひらと肌の間にある泡がへたらないので、手のひらと顔の肌との摩擦を避けられます。

この石けんの泡立ち、洗いあがりのうるおい感、どちらも素晴らしいです。

ステップ2:浸透化粧水 (500円大)

洗顔の後は化粧水です。

batch_Virgin-Medical_04

この化粧水には、オゾン(オゾン化グリセリン)と5種類のセラミドが入っているそうです。

名前が「浸透化粧水」というだけあって、本当にすぐに肌に浸透してしまいます。
そのため使用量は500円大と説明があるのですが、私は2、3回に分けて肌になじませたので、使用量の目安量よりも多く使用しました。

例えるならば、乾きの早いお風呂場のタイルのような感じで、肌になじませた瞬間に「サーッツ」と肌の表面から水分がなくなっていきます。

「保湿力に優れたオゾンが角質に素早く浸透するため、素肌のうるおいを急速に補います」と、商品の説明に書かれてあるとおりの使用感です!

肌になじませている分が確実に肌に浸透していくのが実感できる素晴らしい化粧水でした。

ステップ3:保湿美容液 (1円玉大)

化粧水の後は保湿美容液です。

「化粧水が乾ききらないうちに次のステップ保湿美容液をつけます」と説明されているので、化粧水の浸透が本当に早いので先に蓋を開けて準備をしておくことをおススメします。

batch_Virgin-Medical_05

この保湿美容液にはオゾンとヒアルロン酸が入っています。

化粧水は非常に浸透が早いのでサッパリとした使用感でしたが、この保湿美容液は化粧水よりはややしっとり感はありますがベタつく感じはありません。

さらっとしながらも、やさしい潤い感で包まれる使用感でした。

トライアルセットのステップとしては、この保湿美容液の後にはUV保湿ミルクとなります。

ステップ4:クリーム (パール1粒大)

夜のお手入れでは保湿美容液の後にクリームを使用します。

batch_Virgin-Medical_06

このクリームですが、今までにない使用感でした!!ねっとりとした濃厚な肌触り、伸びのあるクリーム、そしてその見た目。

近づいてみると、炭酸の泡をクリームに閉じ込めたように透明なクリームの中に白い泡のような点々が凝縮されています。(炭酸ソーダ飴のような感じ)

見た目も肌触りも本当に新感覚で驚きのクリームでしたが、こんなに濃厚なのにオイルフリー!

「濃厚なオゾンの保湿力がうるおいを与える」と商品説明にあるのですが、このねっとり感がオゾンの力なのでしょうか???

ちなみに、使用感は想像以上にねっとりしているので、お手入れガイドには「べたつきが気になる際のサッパリ使用方法」も紹介されています。

このクリームを使用する際に、クリームに保湿美容液を1滴加えて混ぜてから肌になじませる方法です。

batch_Virgin-Medical_07

私はこの方法が一番肌にあったので、夜のお手入れの際にはミックスして使いました。

ちなみに、お手入れガイドには基本は朝のお手入れにはクリームを使用しないのですが、私は保湿美容液のステップの時にクリームをほんの少し保湿美容液になじませて朝のお手入れにも使用しました。

ただし、クリームの分量が多すぎるとその後のUVケアと化粧の際にべたつき感で化粧が肌にのりにくいので注意が必要でしたので、保湿美容液だけで保湿が充分な肌の場合にはお手入れガイドどおりが一番よいと思います。

ステップ5:UV保湿ミルク(一袋)

朝のお手入れの最後はUV保湿ミルクです。

batch_Virgin-Medical_08

日焼け止め、美白、化粧下地、くすみ補正、化粧崩れ防止、皮脂調整皮脂コントロールと6つの機能がある高機能なUV保湿ミルクです。

このUV保湿ミルクの効果を体感するには、お手入れガイドどおりに「化粧水、保湿美容液」の後に使用する方がいいと思います。

私は保湿美容液のお手入れの際に少しだけクリームを混ぜて使用してしまったので、保湿美容液だけの時よりも肌のべたつきが多かったので、UV保湿ミルクを使った際もベタつき感が残っていました。

保湿美容液だけで使用した際には、べたつき感はなくさらっと肌になじむUV保湿ミルクなので化粧下地としても問題ありませんでした。

新感覚のスキンケア!オゾン未体験の人におススメ

トライアルセットの基本セット5点の中で一番驚いたのが「クリーム」でした。

さすがに短期間でのお試しでは「オゾン」の6つの効果(「ハリ・ツヤ」「うるおい」「肌の引き締め」「乾燥」「肌荒れ予防」「柔らか肌」)全ては実感できませんでしたが、このクリームは「乾燥」には確実に効果がありそうだと思いました。

オイルとは違う濃厚なクリーム。使用するうちに肌に負担が無く保湿をしてくれるこのクリームの使用感にも慣れますし起床時の潤い感もよかったです。

同封のパンフレットを読むと、ヴァージンメディカルのスキンケアラインではこのクリームが主役のようです。

その他の商品はこのクリームをさらに引き立てる「名脇役」として、ラインナップで使うことでさらに効果を実感できるために開発されたようです。

確かに、クリームの濃密感は化粧水のサッパリ感(肌への浸透力)と保湿美容液のやわらかい潤い力の後につけるからこそ引き立つような気がしました。

化粧水も美容液も濃厚だったら、ベタつき感がさらに強くなりそうなので、そういった意味でもバランスがよいと思います。

他の感想としては、使用方法についての案内が懇切丁寧、ということ。

トライアルセットの透明袋に入っていた「ミニサイズの説明の紙」以外にも「簡単ガイドブック」が同封されていました。

batch_Virgin-Medical_09

このガイドブックは基本のケア方法、ポイントケア1〜3などと写真を多用されていて大変わかりやすかったです。

しかもガイドブックだけでなく、同様の内容がYouTubeでも配信されています(公式サイトにリンクが貼られています)。

特にポイントケアの「目の周り」や「ホウレイ線」のケア方法については動画の方がよりわかりやすくおススメです!

ヴァージンメディカルのオゾン化粧品は、肌に悩みをもちつつも新しい使用感にチャレンジしてみたいという人におススメです。

クリームの濃厚感に対して好き嫌いがはっきりするかもしれませんが、この濃密感はオイルフリー。

「長時間うるおうオゾンの力」がどんなものなのか?という好奇心を持つ人におすすめです。

【乾燥・保湿】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ