お肌の曲がり角を経験してから、肌に直接触れるスキンケア製品に気を使うようになりましたが、中でも気になっているのは食品会社が作っているスキンケア製品。

今回は以前より気になっていたのが食品会社である味の素のスキンケア「JINO(ジーノ)」に着目!

100年にわたり身体に必要なアミノ酸の研究・開発をし続けているという味の素が、アミノ酸の可能性を肌のために最大限に引き出して作りだしたスキンケア製品が「JINO」。

食品として効果のあるアミノ酸、肌にも効果があるに違いない!試してみたい!!

JINO(ジーノ)は実店舗もあるのですが、残念ながら近隣には無いためお試しセットを購入してみることにしました。

早速JINOオンラインストアで購入

オンラインで購入してから2日後にゆうメールで到着しました。

「アミノシューティカルクリームお試しセット」という名前のお試しセットだったのですが、アミノシューティカルクリームというのはALL Aboutの通販ベストコスメ「クリーム部門」で1位になった美容クリームのことです。

このお試しセットですが、「洗顔料、化粧水、美容液、美容クリーム」と4点の他にメイク落とし(ジェル・オイル各1種類)、さらに北欧デザインポーチのオマケ付です!

batch_Jino_01

余談ですうがこのポーチはオマケにしては可愛いのですが、想像よりも細長かったので化粧ポーチよりも個人的にはペン入れなどに使おうかな、と思っています。(お試しセット用のミニボトルは余裕で入るサイズです)

batch_Jino_02

ちなみにこのお試しセットのお値段は1,944円。

同封の冊子に、「14日間のチャレンジで…」という一文があったので、このお試しセットで14日間は試せるようです。

ちなみに届いた時の印象としては、美容クリームがとても小さな容器ということもあって、印象としては1週間分位かな?と思いました。(写真は左から洗顔料、化粧水、美容液、美容クリームの順)

batch_Jino_03

それでは、JINOのスキンケアをチェック!!

JINOのお試しセットは前述のとおり、「洗顔料、化粧水、美容液、美容クリーム」の4点となります。

JINOのお試しセットにはA5サイズのお手入れガイドが入っているので、各スキンケアの使用量が一目瞭然です。

まず洗顔料の「アミノウォッシングフォーム」。使用量の目安は3〜4cm。

batch_Jino_04

「少量の水かぬるま湯で空気を含ませながら、もちもちの泡を作ります」と説明があるのですが、本当にもちもちの泡が作れました!!

batch_Jino_05

その泡を「肌の上でそっと転がすように」と書いてあるのですが、泡を肌の上に乗せるととても滑らかで弾力のある泡でなでるような感じで汚れを落とすという感じです。

洗い流した後の肌の感じなのですが、当初は洗い流し残しがあるような感じがしたので何度も何度も流してしまったのですが、どうもそれは洗い残しではないようです。

今までの洗顔料が必要なものまで洗い流してしまうようなタイプだったせいか(?)、この洗顔料で顔を洗った後はなんとなく肌を守ってくれるようなバリアのようなものを感じるのですが、慣れない頃はそれを洗い残しと勘違いしてしまったようです。

お試しセットのパッケージに洗顔料には「守りながら洗う」という言葉が書いてあったのですが、この「守りながら」というのは私が感じたバリアのような感じがそうなのかな?と思います。

弾力のある泡が持ち味のこの洗顔料はとても滑らかな泡が気持ちよく、肌を傷つけずに汚れを落としてくれるような使用感があり使うほど気に入りました。

私は素手で泡立てましたが、洗顔用の泡立てネットなどを使用すればさらにもちもちの泡になりそうです。

洗顔の後には化粧水の「アミノモイストローション(しっとりタイプ)」。500円玉大で。

batch_Jino_06

透明なサラサラした化粧水なので(とろみ感は無し)、手のひらを丸めないと説明どおりに500円玉大を手に取るとこぼれてしまうので注意です。

初めは説明どおりに500円玉大で行ったのですが、顔になじませる際にこぼれて腕を伝って流れてしまったので、2回目以降は一度に500円玉大ではなくその半分を2回に分けて顔になじませるようにしました。

個人的にはガイドどおりでは無く、2回に分けてなじませる方がおすすめです。

次は美容液の「アミノモイストエッセンス(しっとりタイプ)」。2〜3プッシュ。

batch_Jino_07

この美容液の使用のポイントは手に取ってから両手で包みこむようにして1〜2秒でひと肌に温めてから顔になじませることなのですが、私は冷え性のためなのか、なかなかあたたまりませんでした。

そのため両手で包み込むだけでなく、私は美容液自体を両手のひらで軽く美容液をなじませるようにあたためて使用しました。

ただし両手のひらでなじませてしまうと手のひらに吸収されてしまうので、2〜3プッシュでは少ないので実際の使用量よりは1〜2プッシュプラスする必要がありました。

最後は美容クリーム「アミノシューティカルクリーム」。パール粒大。

batch_Jino_08

あざやかな紫色が鮮やかです。この紫色は「フタバガキ」という植物由来の「グアイアズレン」の色だそうです。

スキンケア前にお試しセットが収納されていた箱の裏に「アズレン:グアイアズレンスルホン酸Na(着色成分)」という記載を見つけた際に、「着色料が入っているのか〜」と思ったのですが、どうやら植物由来のようで安心しました。

ちなみに洗顔料、化粧水、美容液の3つは「無香料・無着色」なのですが、この美容クリームだけが「無香料」のみです。

この美容クリームが「無香料」とあって驚きました!ということはこれもフタバガキの匂いなのでしょうか???

個人的にはこの美容クリーム香りが結構強いほうだと思います。ユリなどの匂いが強い花の匂いというか花屋さんの奥まで入った時のような匂いというのでしょう

私は匂いが強いものが苦手なので、ちょっとその点だけがマイナスです。

美容クリームの使用感については、美容液と同様にひと肌程度にあたためてから顔になじませます。

ちなみに紫色が印象的なクリームですが、手で伸ばすと透明になりますよ。(写真左がクリームを乗せたまま、その右横は手で伸ばした状態)

batch_Jino_09

美容クリームの使用感は「濃厚」です。

気になる肌悩み「エイジングサイン、乾燥、キメの粗さ、くすみ感、ハリ不足」など年齢肌にトータルにケアしてくる万能なクリームということで、お試しセット申込みの時から気になっていました。

肌にぴた〜っとなじむような使用感です。何度か使っていて思ったのですが、顔になじませる前によく手のひらであたためてからの方がより肌に吸いつく感じがしました。

お試しセットを使ってみて…

年齢の割に乾燥感とハリ感がない私の肌にはアミノ酸を研究しつくされたJINOのスキンケアはとてもよかったと思います。

お試しセットだけでは完全に肌の質が変わるということはもちろん無いですが、使用し始めてから半分位の頃からから化粧水と美容液、またクリームという洗顔後のスキンケアを経ると手が肌にもちっとつくような感触が感じられるようになりました。

また、特に朝のスキンケアの時にはハリ感や肌の透明感がアップしたように思いました。

ただ、個人的には朝はこの3セットのスキンケアでは重すぎました。メイク前の肌が少しベタツキすぎるような感じなのが苦手です。

このお試しセットの化粧水と美容液は「(しっとりタイプ)」と箱に書いてありましたので、同梱のパンフレットで他のタイプがあるのかを探しました。

残念ながら同梱のパンフレットには他のタイプの紹介は記載されていなかったので、「そもそもしっとりタイプしか無い!?」のかと疑問に思いました。

そこで、パンフレットに記載されていたお客様センターに電話をしてみました。

オペレーターの方に確認をすると「さっぱりタイプ」も存在するとのことでした。ただし、「さっぱりタイプ」は基本的には脂性肌の方向けのようです。

あとは、美容効果は同様のようなので、使用後の好みによって「さっぱりタイプ」か「しっとりタイプ」を選ぶと良いとアドバイスをもらいました。

私は脂性肌ではなくむしろ乾燥肌なのですが、美容クリームまでの3点セットを使うのであれば30半ばの私は化粧水と美容液については「さっぱりタイプ」でもいいのかもしれないと思いました。

同梱のパンフレットに記載されていたのですが、人間の身体の約20%はアミノ酸でできており、コラーゲンを作っているのはアミノ酸だそうです。

そのアミノ酸の研究・開発が凝縮されたJINO。

30代の今からJINOで年齢とともに失われるアミノ酸を補給していければ、外見的にはよりよい年齢の重ね方をしていけるかもしれない、と思えたお試し期間でした。

スキンケア後のベタつき感(個人差があると思います)と匂いへの敏感度(美容クリームに対して)をクリアできれば、ジワジワとアミノ酸の効果を体感できると思います!

【しわ・たるみ・はり】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ