アラフォー世代の仲間入りを果たしたからなのか、最近「アンチエイジング」「エイジングケア」の文字が目に留まるようになりました。

さらに先日夫が「最近、顎のラインがなんかゆるくなってきたよね」と一言。太ったわけではないので、顔全体がたるんできたということなのでしょうか。

ずっと若い頃と変わらないお手入れを続けてきたけれど、肌は確実に衰えてきていてそれに合ったお手入れが必要になってきているのかもしれないと少し焦りを感じながらエイジングケアの商品を探してみることに。

「キメハリ美肌セット」。私が望むワードが並んでいたアンプルールのケアセットを試してみることにしました。

kimehari-1

ラグジュアリー・デ・エイジ キメハリ美肌セットの内容

  • リフティングローション(化粧水)30ml
  • リジュリューションα プラス(美容液)10ml
  • ラインセラム アイ(目元用クリーム)2袋
  • リフティングクリーム(クリーム)10g

ベージュや茶色が基本となった落ち着いた色合いの入れ物が高級感が漂っていて気に入りました。

輪郭がぼやけてきた、目じりが下がってきた、深いしわなどの年齢を重ねるごとに出てくる肌の悩みは、若い頃は普通だと思っていた肌のハリがなくなってきたことが原因ですが、ハリを支えてくれているコラーゲンを主とする真皮成分は線維芽細胞というものが作ってくれています。

今までのエイジングケアの主流は、コラーゲンなどを作り出す「線維芽細胞」を活性化させるというものだったのですが、このアンプルールのエイジングケアは線維芽細胞自体の衰えにも注目し、線維芽細胞を生み出す肌の土台でもある真皮幹細胞そのものに働きかけるという方法で肌の奥から年齢肌に立ち向かってくれているようです。

リフティングローション(化粧水)

kimehari-2

手に出してみると思っていたよりさらっとした感触の化粧水です。化粧水はさらさらしているイメージですが、このリフティングローションの説明を読むと、美容液レベルの保湿成分を贅沢に配合しているとあったので、勝手に少しとろみのあるものを想像していたから意外だと感じたのかもしれません。

kimehari-3

しかし、実際に肌につけてみると肌がもっちりしたのがすぐに実感できます。

使い方は500円玉くらいの量を手に取り顔全体をパッティングしたあと、もう一度同じ量を手に取って、優しく顔全体を包むように5秒間プレスするのですが、1度目で手が肌に吸い付く感じを実感できます。

手の温かさで浸透力をアップさせているので、肌の奥まで成分を届けてくれているんだろうな、と実感できます。

肌を触ってみてひんやり感があったらしっかり浸透したサインということ。こういうサインは効果も実感できますし、止め時もわかってとっても嬉しいですね。

リジュリューションα(美容液)

kimehari-4

肌をまじまじと見てみると毛穴が開いているのに気づいて悲しくなりました。この美容液は、「ゆるみ毛穴」をキュッと引き締めてくれて、ふっくらしていてさらにつるんとしている肌に導く効果があるようです。

kimehari-5

手に出してみると、かなりとろみの強い美容液です。瓶からスポイトで取るのですが学生時代の実験を思い出して少し楽しかったです。

kimehari-6

1プッシュで顔全体、首までしっかり伸びてくれるのでお得感もありますね。

肌の土台に働きかけてくれる美容液なので、顔と首に伸ばした後、顔の中心から外側に向けて顔全体がリフトアップすることを願いながら、細胞へ届くようにしっかりと浸透させました。

私は目元の小じわとほうれい線が気になってきたので、その2か所にはしっかり重ね付しておきました。

ラインセラム アイ(目元用クリーム)

kimehari-7

乾燥などに弱く年齢の影響を受けやすい目元用のクリームがオマケでついているのはとても嬉しいセットです。

この目元用クリームは、植物幹細胞、GF、純正レチノールという3つの成分が目元をふっくらボリュームアップさせるのに効果を発揮して、目元の悩みをトータルで解消してくれているようです。

片目に対し米粒大量なので、1袋で何日か使えそうです。私は開けた袋にラップをかけて、乾燥を防ぎながら使い続けています。

kimehari-8

目元の小じわが気になっているので、この目元用クリームも2度づけしてみました。目頭から目元に向かって引き上げるようになじませ、こめかみ辺りで引き上げるように手をとめるとさらにリフトアップが期待できるようです。

この目元クリームを朝使う時は、SPF15以上の紫外線防止効果のある物との併用をすすめていました。わたしは、SPF40のBBクリームをいつも使用しているので問題はありませんが、紫外線防止効果のある商品を使っていない人は注意が必要かもしれません。

リフティング クリーム(クリーム)

kimehari-9

すごくしっとりしたクリームなのに、全くべたつきがないクリームです。私は寝る時に顔にクリームがべたべたしているのが苦手なので、クリームは必ずべたつかないのを選んで購入してきました。

このクリームは、保湿効果が高いのにべたつかないのでまさに私の理想のクリームです。

kimehari-10

手のひらで温めてクリームを柔らかくしてからつけることで浸透効果がアップし、顔の中心から外側、下から上へとつける方向を意識することでリフトアップ効果が高まるとのことです。

つけてすぐですが、肌がふっくらモチモチした感じがしました。なんだか嬉しくなって何度も何度も肌を手で包み込んで確認してしまいました。

kimehari-11

使用量サイズ目安表

kimehari-12

お手入れステップの説明書の最後に、使用量サイズ目安表というのがついていて、化粧水の500円玉、美容液の直径1.5cm、目元用クリームの米粒、クリームのパール粒の大きさが目で見てわかるようになっています。

化粧水の説明ってよく500円玉サイズなどと書かれていますが、今まではかなりアバウトだったと思います。化粧品の量を正しく使うことで肌への効果も格段に良くなると思うので、私はとても役に立ちました。

夫にリフトアップ効果を気づいてもらうことを目標に、ぷるんとハリのある肌目指してお手入れしていこうと思います。

【しわ・たるみ・はり】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ