乾燥肌対策、エイジングケア対策と悩みはつきない私のお肌。

時間とお金をかけようと思えばいろいろな方法があるとは思いますが、時間もお金も制限があるが現実。

スキンケア製品を中心にいろいろ自身の肌に合うものを探していますが、今回はいつものスキンケアとは違うものに着目しました。

「エレクトーレ」という製品です。

公式サイトには「“フェイストリートメント”パックでも化粧水でもない」と書かれています。

では、一体何!?と興味津々

しかも、「いつものお手入れに簡単10秒エイジングケアを」というキャッチコピーにも魅かれてしまいました。

普通のトリートメントだとそのまま肌になじませたままだったり、パックも時間を置いてから洗い流したりが普通だと思いますが、このエレクトーレは洗顔後に「フェイストリートメントモイスト」を肌に伸ばして10秒で洗い流してしまう!という斬新な方法。

化粧水、乳液、美容液でのエイジングケアはいろいろありますが、10秒で洗い流すフェイストリートメントなんて聞いたことがありません。

10秒で本当に効果はあるの!?と半信半疑ながら少々ワクワクしながら2週間のトライアルキットを申込みしてみました。

「簡単10秒」の秘密を2週間トライアルでチェック!

申込みから2日とすぐに到着しました。早速箱を開けると、可愛いハートが!

batch_Electore_01

同封物の資料を動かすとトライアルキットが現れます。左から洗顔用ソープ、フェイストリートメント、ローションです。

batch_Electore_02

中身はシンプルながらも清潔感を感じます。

また同封の冊子には「なぜ10秒でいいのか?」という疑問に答えてくれる説明がありました。

エレクトーレの独自成分「ミネラルオーレ」は豊富なミネラルとマイナス700ミリボルトのマイナス電位がその特徴。

『「ミネラルオーレ」は奥美濃地方で産出されるミネラルをたっぷり含んだ天然鉱石を細かい粉末に砕いてクレイ状にしたもの』だそう。

元々、奥美濃地方の地元では「一緒に炊くとご飯がおいしくなる」、「石を加えた水をやると作物の育ちがよくなる」といった伝承があった石が「ミネラルオーレ」の原料となる天然鉱石

その天然鉱石を研究する過程で、石を砕く過程で「マインス電位」という高い還元力をつけられることがわかったそうです。(同封の冊子より)

この「マイナス電位(還元)」というのは老化を進行させる「プラス電位(酸化)」とは正反対の作用をするもの。

なんだか理科系の授業に出てきそうな単語が出てきますが、「ミネラルオーレ」は「電位」に着目した独自の成分だということが分かりました。

「成分を補う」という普通のスキンケア(化学的アプローチ)だけではなく、物理的なアプローチで肌の美肌力を引き出すというこの成分。

「透明感のある肌」、「うるおったツヤ肌」、「キメの整ったみずみずしい肌」、「引き締まってハリのある肌」、「しっとりなめらかな肌」という5つの効果が期待できるようです。

10秒のケアでこれだけのことが本当にできるのであれば、もう他のスキンケアはいらないのでは?と思うほど。

早速、お試しセットでその効果を試してみました。

ステップ1:エレクトーレ フェイスソープ【洗顔】 (たっぷりと泡立てる)

朝の洗顔、夜はメイクを落とした後にフェイスソープで洗顔をします。

このソープにも「ミネラルオーレ」が含まれています。

アースカラーの色が天然鉱物を使用しているソープという感じがして、とてもいいです(スキンケア商品は全て無着色・無香料)。

batch_Electore_03

ぬるま湯でソープを濡らして泡立てる際にはソープ自体が何となく柔らく感じました。ずっとお湯につけといたら溶けてなくなってしまいそうなほどのソフトな質感です。

batch_Electore_04

泡自体はきめが細かい、濃厚な感触でなめらかに洗顔をすることができました。

洗い流した後も乾燥感をあまり感じないのも大変よかったです。

エレクトーレではこのフェイスソープとこの後のフェイストリートメントのダブル使いをおすすめしています。

このフェイスソープでの洗顔が10秒ケアの土台作りをするそうです。

試しに違うソープで洗顔をしてからフェイストリートメントをしてみましたが、普通の洗顔では肌のなめらかさが足りなかったせいかフェイストリートメントをする前に少し乾燥感を感じました。

ステップ2:エレクトーレ フェイストリートメントモイスト【10秒トリートメント】 (直径2cm程度)

洗顔の後はフェイストリートメントモイストでのお手入れです。

まず直径2cmほどを手に取ります。(洗顔後の濡れた顔や手のままでいいそうです)

batch_Electore_05

手に取ったトリートメントを手のひらで伸ばしてから顔にのせます(目元・口元もOK)。

batch_Electore_06

顔にのせた状態で10秒ほどなじませますが、厚塗りやマッサージは不要です。(全体にフェイストリートメントを触れさせる程度でいいそうです)

10秒たったら流します。

初めはこの10秒が本当に短くて逆に心配になってしまいましたが、同封の冊子には「マイナス電位は肌にのせた瞬間から効果を実感できる。短い時間でも毎日ケアすることが美肌への近道」と書かれています。

また、使い初めの慣れないうちは濡れた手・顔のままで使用していいのですが、つい水分をとってから使ってしまいました。

私はあまり感じなかったのですが、使い初めなどは「肌がピリピリ」するという人もいるようでその際のアドバイスが「水を少し加えること」となっているので、使用方法どおり濡れた手や顔のまま使用していれば「肌がピリピリ」する防止にもなるかもしれません。

流した後は少ししっとりした感触でした。

また、私は朝晩両方で使用しましたが、お試しセットの終盤は少しキメが細かくなってきたかな?と少し感じることができました。

ステップ3:エレクトーレ IPフィルモイスチャー【ローション】 (適量を顔全体に)

フェイストリートメントの後は、IPフィルモイスチャーでお手入れの完了をします。

batch_Electore_07

見た目も感触もトロミ感の無いサラリとした化粧水のようなローションですが、実はこれ1本で「化粧水・乳液・美容液」の3役をこなしてくれる優れものです。

使い心地も本当にサラリとしています。肌にのせるとスッと入っていく感触なのですが、乾燥感なども無いのでシンプルケアが好きな人にはおススメだと思います。

私は乾燥肌なのでこれだけだと少し不安な気持ちがありました。

もし継続的にエレクトーレのスキンケアを使用するならば、シリーズで用意されているクリーム製品も必要だと感じました。

「洗顔後、塗って洗い流すだけ」の新発想のエイジングケアが素晴らしい!!

豊富なミネラルとマイナス電位のエレクトーレ独自成分の「ミネラルオーレ」を使用したフェイスソープとフェイストリートメントの組み合わせが素晴らしかったです。

また私自身はお試しセットについていたローションだけでは少し物足りなかったですが、乾燥が激しくない肌の人にとってはお試しセットの3点セットで充分だと思いました。

batch_Electore_08

トリートメントといっても「10秒」たったら洗い流すだけでよい、というシンプルケアなので特に毎日忙しいけれど肌ケアもしっかり行いたい!という方にピッタリのスキンケア製品です。

「10秒ケア」という点に魅かれたエレクトーレ。

その魅力はソープやトリートメントに使用されている独自成分の「ミネラルオーレ」だけではありませんでした。

お試しセットについていたローション「IPフィルモイスチャー」。

このローションに使われている技術ももう一つの魅力だと思います。

「IP」とはアイオニック・パッシブという独自の浸透技術のことだそうです。

よい成分でも届かなくては意味がないということから、「角質層」まで届ける技術「IP」で皮膜層には「チューベロース多糖体(水分が逃げないよう保護)」、角質層には「加水分解ヒアルロン酸(角質層へすばやく浸透)」、「グリセリルグルコシド(水分を与え、保持する)」を届ける保湿のメカニズムとなっています。

なお、「IP」の具体的な仕組みについても同封のパンフレットにも載っていましたが、「イオン性成分配合の化粧品ではプラス、マイナスどちらか分子量の小さいものが優先される。

それを利用して分子量が大きい“IP因子”をわざと配合させることにより、浸透させたい成分が優先される仕組み」とのことです。

独自成分の「ミネラルオーレ」だけでなく、その後のケア製品にも独自の浸透技術を開発していることが本当に理科系の授業のようで興味深いスキンケアでした。

独自の成分や浸透技術など少し理科系の仕組みに興味のある人にもおススメだと思います。

【しわ・たるみ・はり】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ