雑誌で「肌の砂漠化」という文字を目にしました。夏は汗や皮脂でべたついているのに、それを潤っていると勘違いしていると肌の内側はカラッカラに乾燥して砂漠肌になっていることもあるとのこと。

冬は空気が乾燥しているし、秋は季節の変わり目で肌が敏感になっている…どの季節もお手入が欠かせないってことですね。

最近の私の肌は砂漠化までは行ってないと信じたいですが、今年の夏クーラーにお世話になることが多かったせいもあってか、小鼻や目元が少しカサカサしている気がします。

今回は雑誌などでよく目にしていた、リッツのスキンケアシリーズを試してみることに。

黒木瞳さんの「まだ、きれいになるの?」私も言えるようになるでしょうか?

lits1

リッツ スキンケア トライアルセットを試してみる

トライアルセットの内容

  • リッツ トリートメント クリアクレンズ(ジェルクレンジング)30g
  • リッツ プレシャスモイストローション(化粧水)30ml
  • リッツ スキンリバイバル リフトEX(美容液)7ml
  • リッツ スキンリカバリーショット(集中美容液)2包
  • リッツ ゴールデンナイトジェリー(ジェリー状美容液)5g

lits2

このトライアルセットは、保湿と浸透力にこだわったエイジングケアセットで、昔と肌が変わってしまったことは気づいているんだけど、化粧品を変えたり、お手入れ方法を変更したり、どこから行動に起こしていいかわからない人にお勧めのセットのようです。

私も若い時と同じお手入れではいけないってわかっていながらも、どの化粧品が私にあっているのかもわからないし、何が不足しているのかもわかっていないので、ぴったりです。

リッツ トリートメント クリアクレンズ

lits3

ジェルクレンジングを使うのは初めてだったので、どんなものかもわからずにとりあえず手に出してみました。

どろっとした濃厚な美容液という感じ。においは「油!」。

lits4

効果の高い成分、7種の天然由来成分はスクワラン、オリーブオイル、アブラナ種子油など油や脂肪の文字。

よく聞く「スクワラン」もついでに調べてみると、「深海鮫の肝臓から採れる肝油の主成分、スクワレンに科学的に水素を加えて酸化しにくい状態にしたもの」だそうです。

ジェルクレンジングってオイルクレンジングのことなのかな、とこれまた調べてみると、ジェルクレンジングはオイルクレンジングとミルククレンジングの中間の使い心地で、オイルのようにべたつかないのに、しっかりメイクを落とせるという魅力的なクレンジングのよう。

オイルクレンジングは肌を乾燥させてしまうイメージがあったので、ジェルなら大丈夫そうです。

後ろの全成分表を確認すると、温泉水やヒアルロン酸など油とは関係ない成分もいっぱい書いてあったのでなんとなく、オイルクレンジングじゃないんだろうと納得してやっとやっとクレンジング力を試してみることにしました(ここまで長かった~)

クレンジング力を試してみる

lits5

手の甲にファンデーションをつけて、クレンジングのお手並み拝見。

lits6

ファンデーションの上から、クレンジングを乗せてみました。乗せただけなのに、ファンデーションが浮き出して、クレンジングに溶けていく様子がわかりました。

lits7

手でくるくる伸ばしてみると、力を入れなくてもクレンジングとファンデーションが混ざっていったので、しっかりメイクの日でもしっかりとメイクを落としてくれそうです。

lits8

さっとティッシュでふきとると、全くファンデーションを残さずきれいになりました。オイルクレンジング並みのメイクオフの力はしっかりとありそうです。

実際に顔のクレンジングで試した感想は、重ね付けしたマスカラもきっちり落としてくれる洗浄力は大満足ですが、ダブル洗顔不要と書いてあったのですが、何度も洗ってもクレンジングが完全には落ちていないのではないかと少し不安になるすっきり感のなさでした。

もしかしたら、保湿効果でしっとり仕上がっているのかもしれませんが、私には洗顔なしはちょっと合っていないようでした。

リッツ プレシャスモイストローション

lits9

とろみのある美容液のような化粧水です。

lits10

手のひらかコットンを使用するとのことだったので、わたしはいつも使用しているコットンを使いました。

lits11

コットンに500円玉くらいの量を取って顔全体に馴染ませます。かさかさが気になる目元、口元にコットンを2~3分置いておきます。

この化粧水は、リッツの従来の化粧水よりもヒアルロン酸などの保湿成分が33%もアップしているらしく、開いた毛穴にとっても効果的だそうです。

角質層まで届いてくれる化粧水効果のおかげか、つけてすぐにもっちりふっくら肌が柔らかくなったような感じがします。

リッツ スキンリバイバル リフトEX

lits12

とろっと艶のある感じの美容液は、パール粒大を手に取って顔に伸ばすのですが、伸びの良さはいまいちなので、気持ち大きめのパール粒にしないと顔全体には行きわたらなかったです。

最初はすっと伸びてると感じても、肌への吸収が早いのかゴールへ行く手前で美容液がなくなっているといった感じです。

lits13

でもその分、肌をパリッと引き上げてくれる感覚があります。保湿効果を高めることで、弾力感アップやキメを整える効果があるようです。

リッツ スキンリカバリーショット

lits14

目元や口元など、年齢肌で気になってくる部分に集中してケアしてくれる美容液です。

lits15

肌に優しいクリームのような美容液で、3日つけ続けただけですが、口元のカサカサも減って、ふっくらほうれい線も目立たなくなってきたように思います。

7日間のキットなので、もっと長く使い続けたら効果をもっと実感できると期待の持てる美容液でした。

リッツ ゴールデンナイトジェリー

lits16

初めて使うジェリー状のナイト美容液。リッツのトライアルセットは美容液が3つもついていて不思議な感じです。

lits17

蓋を開けてみるとジェリーというより、濃密なとろっとした美容液に見えます。

lits18

手に出して触ってみると、滑らかな美容液ではなく、形のある本当にゼリーを手に伸ばしたような形状で驚きました。

わかりにくいかもしれませんが、ゼラチンのゼリーではなく、寒天のゼリーの硬さがあります。

このジェリーは、世界でわずか20本しかない「腐りにくいリンゴ」が生み出す成分を配合していて、この成分がキメを整え、形状再現性の構造が寝ている間に肌にハリを取り戻してくれるそうです。

たしかに朝起きた時、いつもよりふっくら弾力のある肌になったような気がしました。肌に浸透した後も、形状を元に戻そうと働いているということでしょうか。

しっかり持ち上げながらつけると効果がありそうですね。

ただ、基本的な使い方に付属のスパチュラでひとすくい取ると書いてあるのですが、トライアルセットにはスパチュラはついていないし、色々なところを調べてみたけれどスパチュラのひとすくいがどれくらいの量かはどこにも書いてなかったので、適量がわからなくて少し不安でした。

トライアルセットを使ってみて

肌の奥、角質層まで潤いを届け、年齢肌と向き合ってくれるこのキット。朝起きた時のふっくら感は、感動です。

容器からも高級感が出ていて、大人の女性が悩んでいるハリやキメ、弾力に効果があるのでアラフォーの方にもお勧めできると思いました。

無香料、無着色、アルコールフリー、パラベンフリーなど敏感肌の人でも試しやすい成分なのも嬉しいですね。

【しわ・たるみ・はり】用化粧品ならこちらもオススメ

このページの先頭へ